なぜお墓を建てるとサラシを巻くの?

みんなの供養の印です。
昔、お葬式のとき、せっかく来て下さったにもかかわらず、中に入れない方々のために1本の紐を皆で持っていただいて故人を偲んでいただくという風習があったようです。葬儀が終わると、この紐(さらし)は喪主の方に手渡され、ご参列の方々の供養の品とされました。その後、墓が建立されたとき、このさらしは供養の印として墓石に巻かれることとなり、開眼供養の際にこれを取る様になったのです。故人を偲んだこのさらしは、その後はお産の腹帯として使われたりしたそうです。

Posted in: お墓

ページの先頭へ ↑

Copyright© 2013 仏壇のはりま 石のはりま All Rights Reserved.

〒163-8001 兵庫県加古郡播磨町古田1丁目1-29
電話:079-430-6766 FAX:079-430-6765